「faceの家」4つの魅力

身体にやさしい自然素材の家

アレルギー体質のお子さんや、新しい命を授かった妊婦さん、デリケートな体質をお持ちの方にも、優しく、住んでいて心地よく、健康でいられる家を提案したく、長年天然素材にこだわり、珪藻土・無垢材・和紙を使用してきました。
ずっと長く暮らす家だから・・・住み続ける方の健康を願って、わたしたちは少しでもお手伝いをできればと思っております。

「子どものアレルギー症状がなくなった」・・・お客様の声

家には8歳になる子供がいるのですが、ひどいアレルギー体質で、病院の検査では犬・猫・埃やダニなど、様々なアレルギー反応が出ていました。更に医師からは、「喘息を引き起こすかもしれない」と言われ、子供の身体がとても気がかりでした。
しかしfaceの家に住んでから、アレルギー症状も、心配だった喘息も引き起こすことなく元気に暮らしております。
今になって考えてみると、珪藻土の壁や無垢の床板、それから薪ストーブだったりと、すべて身体に優しい自然素材を使っているfaceの家のおかげだったと感謝しています。
それから、薪ストーブは一度に大量の空気を必要とし、家中の空気が一気に吸い上げられるので、常に新しい風が循環して快適に過ごせるのも魅力の一つですね。

(施工主:A様 家族構成:夫・妻・子供1人)

「faceの家」に使われている自然素材

珪藻土の壁

珪藻土とは、珪藻という植物性プランクトンの死骸が、水底で長年にわたって堆積してできた粘土状の泥土のことを言います。石灰化した粒子(プランクトン遺骸)の表面に無数の穴が空いているため吸放湿性能が高く、湿度が高いときは水分を吸い、乾燥しているときには水分を吐き出します。
このように、珪藻土を使用した家は私たちと同じように息をしているため、通気性もよく、良い空気が循環し、保湿・断熱・防露・調湿・脱臭などの効果が期待できるのです。シックハウス対策に大変有効な素材です。

お客様の声
  • 以前「チルチンびと」に掲載されていたfaceの家が印象に残っていた。
    娘が子供のころはアレルギーがあり、自然素材を使っているfaceの家が良いと思った。
    実際に見に行き、住んでいる人の話を聞き、faceの家と決めた。

    (高畠市 O様)

無垢材(天然木材)

本物の木は、建材になっても呼吸しており、その独特の質感や香り、肌触りが家全体に「安らぎ」や「和み」をもたらします。

お客様の声
  • 無垢いいなあ!
    娘が他の展示場では見せたことがないくらいテンションが高くなっている。
    気に入ったのかなあ。

    (イベントご来場のお客様)

  • 村木沢の展示場に行った時に、ハウスメーカーの展示場とは香りが全然違ったのが決め手だった。

    (酒田市のお客様)

和紙の天井

紙は木材と同じで呼吸しており、調湿性、保湿性が発揮されます。
また、無作為に並んだ繊維が光を乱反射させるため、照明の灯りや日光がとても柔らかく感じます。

faceの家の施工事例を見る

faceの家4つの魅力

Faceの家展示場
ページTOPへ